新着情報

鏡開き

2018.01.05

お正月のお飾りのひとつに「お鏡餅」があります。

浄土真宗、仏教に限らず、神仏にお供えされることの多いものです。

当寺では、京都のご本山と同様に、1月4日にお鏡餅のお飾りをといて、鏡餅を切ります。

「切る」という言葉は切腹を連想されることや、「割る」という言葉も二つに割れるということであまり好ましくないからというようでありますが、
浄土真宗においては、「縁起が悪い」などという考え方が存在しないので、言葉は何でも構わないと思います。

お鏡餅が下げられると、正月が終わったなという感覚になります。

IMG_6801.jpg

こども食堂2

2017.11.28

こども食堂のご飯の紹介に続いて、遊びのご紹介。

今回はの遊びのメインは「工作」でした。

富山市の児童クラブの皆様にご協力いただき、地域の大人と子どもが一緒になって工作を楽しんでいました。
割り箸や輪ゴムを使ってこんなにたくさん作ったりできるんだと驚きました。






子どもたちも帰るまで自分の作ったおもちゃで汗だくになって遊んでいました。
児童クラブの方々のお話ですが、
「子どもも大人も自分で作ったものは飽きずによく遊ぶよね。愛着が湧くんだろうね」

今回も楽しい集いの場になりました。
スタッフの皆様お疲れ様でした!









IMG_6619.JPG





こども食堂1

2017.11.27

先週金曜日に「みずはしこども食堂」を開催しました。

今回の食事メニューは
紫いもご飯
豆乳味噌汁
すり身揚げ
スパゲッティサラダ
紫いものおはぎ
でした。












富山市内のおのがわさんがご寄付くださったコシヒカリを使ったご飯。
味噌汁のだしは地元水橋のかね七さんから。
サトイモと大根とキャベツは農家の舘さんから。




IMG_6599.jpg


そして今回は子供達にサプライズとしてカニをプレゼント!
開催前日に滑川の「スーパーしまかわさん」から、
「よかったらカニ寄付しようか?」
とのこと。
有り難くいただきました。

やっぱり大勢でご飯を囲むと美味しいですね!

こども食堂準備

2017.11.23

明日に迫った「みずはしこども食堂」の準備。

今回の目玉は工作。
割り箸やストロー、輪ゴムを使っていろんな遊び道具を作ります。
スタッフの皆さんと事前の工作講習も行い、準備万端。
看板のデザインはPTAの仲間でもあり、プロの方の仕事。
とっても楽しそう。さすがです。
IMG_6584.jpg
IMG_6541.JPG
IMG_6539.JPG
食事の準備も。
先日ちょうだいしたお米を精米。
5升。
今回もいっぱい炊きますが、おはぎや他の食べ物とのバランス考えて5升に留めます。
533114785.352151.jpg
今回はお野菜の一部も善意の方に提供していただきました。
次回以降も作っている野菜なら提供してくださるとのこと。
そして、明日は一品サプライズ料理が加わります。
実は、これも急遽善意のスーパーさんが提供してくれるものです。
乞うご期待!
善意の輪が広がっていくのを実感して、うれしくなります。
こども達に楽しい集いの場をつくりたい。
今回もこども達の記憶に残るような楽しい集いになりますように。

実家の報恩講へ

2017.11.14

実家の報恩講へお参り。

たくさんのお参りの方々がおられて、とても歓迎されました。

水橋の寺では「住職さん」ですが、ここに帰るとみんな「たくちゃん」と声をかけてくれます。
私を小さな頃から見てこられた皆さんにとってみれば、いつまでたっても私は「たくちゃん」なんでしょうね。

IMG_6465.JPG

IMG_6466.HEIC.jpg

報恩講にはふた回り大きなお仏飯を盛り付け、親鸞聖人の御前にお供えします。
これだけあれば、親鸞聖人もお腹いっぱいになられますね。

帰りに草餅をもらいました。懐かしいお里の門徒さんのところの味。
「おはらい?」「おいらは?」
こども達は思い思いに名前を読んでいました。
「おいはらさん」、いつも美味しいお餅ありがとう。

IMG_6467.HEIC.jpg

水橋LOVEまつり

2017.11.13

ここ照蓮寺にて「水橋LOVEまつり」が開催されました。

主催団体は、水橋LOVEプロジェクト実行委員会という水橋を愛する有志の皆さんです。
今年で2回目ですが、本当にそのご苦労に頭が下がります。

IMG_6531.JPG

IMG_6485.HEIC.jpg
今年も晴天に恵まれて、近所の老若男女が多数ご来場くださいました。

河合良君の歌に始まり、チアダンスグループ、地元のよさこい演舞、水橋高校吹奏楽部の演奏など水橋の皆さんのステージに盛り上がりました。
地元のこども達はご当地ソング「懸け橋」が流れると、完璧に振り付けを覚えていてみんなで踊っていました。

IMG_6495.HEIC.jpg


また、出店はこれまた水橋一色。
商工会さん、漁民組合さん、水橋出身の有名カレー屋さん、地元のパン屋さん、朝とれ野菜の販売など。
みんな水橋が大好きな人たち。
それが形になるとこんな素晴らしいイベントになるんだなーと感動しました。

IMG_6501.HEIC.jpg

郷土愛のかたまりのようなお祭り。
本来の祭りというのはこういうものなのかもしれません。
よそからたくさん人を誘客するのではなくて、地域の人たちが喜びあう集い。

来年も今年のようにきれいに晴れますように。

IMG_6509.HEIC.jpg



水橋LOVEまつり前夜

2017.11.11

明日は水橋のお祭り「水橋LOVEまつり」

今日も雨の中、境内で準備がされていました。
明日は天気も晴れの予報。

水橋を愛する皆さんがたくさん出演、出店されています。

主催者の皆さんのご苦労が無事に実りますように。

昨年は1000名を超える方々がこの境内に集いました。

今年も境内が賑わうのを楽しみにしています。
IMG_6480.HEIC.jpg

砕石

2017.11.09

今度の日曜日は「水橋LOVEまつり」

今年第2回目となる水橋の郷土愛を育むイベント。
昨年に引き続き、照蓮寺の境内が会場となります。

車の出入りなどで穴ぼこだらけで気になっていた境内。
門徒の方が砕石を入れてくれたおかげで綺麗に穴が塞がりました。
昨日から雨が降っていましたが、水はけもよくなって水たまりも少なく、ただただ感謝です。

あとは当日晴れてくれたらいいなと思います。

IMG_6457.HEIC.jpg

IMG_6458.HEIC.jpg

のっぺ

2017.11.07

10月の初めから毎日、ご門徒さんのお宅に報恩講のお参りをしています。

はるか昔、私のおじいさんの頃は、家々を徒歩でまわっていたので、お酒をいただいてゆっくり休憩したりご門徒さんの家でご飯を頂戴したり宿泊したりしていました。

最近はそういう機会もほとんどありませんが、今でもそういうことを大切にしてくださる方もおられて、有難いことです。

郷土料理の「のっぺ」もその1つ。
冷えた体があっという間にあったまります。
最近仕事が変わって色々と大変だと疲れた様子でしたが、そんな中にこれだけたくさんのご馳走を用意されたご苦労に感謝です。

IMG_6453.JPG

2017.11.03

「菊」

ご門徒さんからのプレゼント。

いつもこの時期に自分で育てた「菊」をくださいます。
菊を育てるのはとても大変だと聞きます。
土や水やり、肥料の種類。
日光の当たるところに置いたり、鉢を移し替えたり。
与え過ぎてもダメだし、ほったらかしももちろんダメ。
手をかければかけるほど、菊にはその努力が伝わるんだそうです。
どこやらの誰やらと同じですね。
この間、料理をされるご門徒さんからおいしい料理の作り方を教えてもらいました。
「おいしくなあれ」と言いながら作ることだそうで、その時は真に受けませんでしたが、
菊を眺めていると、その言葉がまんざら嘘でもないように思えてきました。
IMG_6434.JPG

ページ上部へ